ちょっとかたのちからぬいて。

平成28年10月5日からお酒をやめた30代パート主婦の日常

もう頑張りたくないんだって体が言ってる

こんにちは

よく晴れて、湿度は高いですがこれからからっとしていきそうですね

保育園の芝生の園庭を歩いたら、ぶなしめじによく似たきのこがそこここに生えていてなごみました

未満児さんとかがまちがってくちに入れたりしないといいんだけど^^;

 

さて、この土日はしっかりやすみました

土曜はまるっと「私の日」にしてもらって、午後からのメイクレッスンだけでなく、午前中もオイルマッサージと鍼

筋膜はがしマッサージと鍼治療、初めてやってもらったんですが、あまりの効果に驚きました

「ぎぎぎ・・・」と音がしそうなくらいがっちがちだった腕・肩がラクになり、すっとあげられるようになりました

痛くてたまらなかった肩甲骨周り・腰も、痛みが治まり(さすがにまだ痛みは残っていますが随分ラク)、なんじゃこれ~~~!!!ってかんじです

施術の後すぐ来月の予約を入れました(その場の予約で500円off!にもつられ・・・商売上手!)

そして何よりサロンの方が聞き上手の話上手で、体や心の辛さをうんうん、と聞いてくれたことがとても嬉しく涙が出そうになりました

そういう話、聞かされるのってみんな嫌だと思うから誰にも言えなかったんですけど(ブログでは書いてましたが)、「しんどい」「痛い」って言えるだけでも・話すことを許してもらえるだけでも、こんなに心が楽になるのかと、しみじみ思いました

随分頑張ってきたんですねと言われ、「私なんか全然」と思い、そう言いましたが、私は「十分頑張ってる」そうです

どうも、母・母方の祖母・母方の曾祖母と、超絶我慢強くて自分に厳しい頑張り屋さんばかりなので、私なんて全然ジャンと思うクセがついているようです

まー、実際もっと頑張ってあれやれこれやれて言われますしね、母に

結局、母の評価が総てなんです、私

きっと母もそう、祖母もそう、分かんないけど曾祖母もきっと。。。

女同士、母と娘はほんとやっかいなこと

母にこのサロンの話をしたら、「よかったならまた続けて通えばいいやん」とか、月に1回くらい仕事を休もうと思うと言う私を「いいんじゃない?」と母が言ったことに、「私間違ってないんだ」と心から安堵している私

否定されてもたぶんサロンは続けるし、隙をみて仕事は休むと思うんだけど、絶対罪悪感覚えながらになると思う

それが苦しくて心底休むことができないという・・・なんだそれ

 

あ、暗くなってしもうた

こんなことを綴ろうと思っていたわけじゃないんだけど、つい

めーっちゃラクになってよかった、夫にも優しく出来るようになったという話のはずだったのに

まぁいいや、残しておこう

 

サロンで、呼吸の仕方に気をつけてくださいと言われました

頭のてっぺん(百会)から息を吸って背中を通ってつま先まで通す

つま先にある息を、背中を通して百会からはく

つま先から息を吸って、百会まで通す

百会にある息を、つま先からはく

曰く、これはもちろんあくまでイメージですが、体の前面は皆さん意識なさるけど、背中側はあまりされないから、イメージだけでも随分呼吸がラクになるんですよ、とのこと

ずっと胸が苦しい・息苦しいと感じていましたが、このやり方をすると体に空気が沢山入る気がします

来月の予約の日まで、疲れたらこのやり方を意識して、すうはあすうはあしながら生活したいと思います

 

7月は、頑張らないようにしたい!