読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとかたのちからぬいて。

平成28年10月5日からお酒をやめた30代パート主婦の日常

子供のためだけどやっぱり自分のため

日曜の明け方、息子の発熱に気づき、バタバタ。

39.6℃もあって、インフルか?!と思ったんだけれど、とりあえず寝られなくて辛そうだったから、冷蔵庫にあった解熱の座薬を入れて。

泣いたり寝られないから起きるとじたばたする息子を無理やり抱いて、一緒に寝ました。

その後、熱は下がり、外に出たりはしたがらないもののいつものようにロボで遊び始めたので、一日ゆっくりしました。

今日は、もう平熱でしたが念のため保育園を休ませました。

午前中療育の予定で私は午後出勤にしてあったので、午前中は家で私がみて、午後からは実家でみてもらえます。

本人は、起きたと思ったらお茶を飲んでまた寝てしまいました。

 

昨日みたいな日でも、夜になれば私は飲んでしまっていたなー。

夫がいなくて、もしもの時の足が私しかいなくても。

そして、飲んだら、ほどほどではやめられないんだよな。

次の日の朝早起きしなくていいのが分かっていたら、猶更。

ほんと、しょーもない。

そんな自分がいやだった。

だから、お酒をやめて、息子の体調不良に素早くきちんと(億劫がらず)対応できるお母さんになりたいと思ったのは、息子のためだけどやっぱり自分のため。

自分のためじゃないと、やめられないし、やめ続けられないもんだと思う。

昨日でやめてから5カ月経っていたようで、いつもブログを見てコメントをくださるjetlinksさんに教えてもらって気づきました。

ALQUIT DAYS(jetlinksさんのブログ)

 

苦ではないのがとてもありがたい。

まー、やめたから何もかもがうまくいくわけではないけれど、やめたおかげでできていること、前向きにとらえられることが沢山ある。

しらふでいろいろな感情に向き合うのは結構疲れて、ホットカーペットでうたた寝の毎日ですが、それもまた良しかなと。

慌ただしいけど後悔の少ない日々を送れていると思います。

そんな感じで今後も、力まず焦らず、かたのちからぬいてやってこーと思っております。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村